ようこそ☆わらび家へ

健診

    昨日は職場の健診でした。

    前にPC研修を受けた時、私が所属する建物の指定の健診日だったのですが
    途中で抜けたらついていけないと思ったので、その時健診は受けず
    何かの理由で指定の健診日に受けられなかった人のために
    昨日の健診日が設けられたのです。

    昨日は未受診者だけということもあって、早く行ったら一人もいない
    お陰でスイスイと健診が進みました(^。^)

    尿・便の検査→身長・体重→視力検査と進んでいく。

    視力検査では目の少々悪い私はメガネをかけて検査を受け
    最初は右目から検査。
    
    係の方が「丸の切れている向きを言って下さい。」と言うので
    中を覗き込みしっかり見る。
    
    「6番は?」と言うので見たのですが、6番ってどれ?って最初分からなかった。
    で、再度しっかり並びを見てみるとやっと理解できスラスラと答えることができた。
    
    最後の一番小さいところまで行ったら、下に見えたので「下?」と
    ?マーク付きで答えた後すぐに「右?」って答え直す。
    
    係の方の「分かりませんか?」という声で「分かりません」とやっと答える。
    そこまでして答えなくても良いのについつい最後までしっかり答えようとする。
    私ってそういう人なんですよね(^_^;)
    言われないと気づかないんだもん ← バカ!
    
    視力検査後は順調に進み内科検診へ。
    先生のいる所へ係の方が案内してくれるため先にたって歩きその後をついて行く。
    ついて行ったはいいが、なんだかお部屋がわけが分からない構造になっていて
    カーテンの隙間みたいな所から入ろうとしたら
    「あっ、そこじゃないです!」とそのすぐわきのドアを開けて下さる(^_^;)
  
    アハッと笑いながら先生のいるお部屋に入り
    無事(?)内科検診を終え、次に外に停めている健診車の所へ

    胸部X線撮影の健診車へ入ると係の方が
    「準備ができたらここへ立ってください」と言い準備をする。
   
    準備ができて、カメラ(でいいの?)の前に立つと係のおじさんが高さを調整。
    でもその係のおじさん高さ調整合っていないんじゃない?
    結構首伸ばして立ってなきゃならないんだけど…
    と思ったのだけど、仕方がないので首を伸ばしつつ我慢する(-_-;)

    で「息を吸って~!はい、動かないで下さい!」って言われた途端
    しちゃいけないって言われると、しそうになる私は
    思わず笑いがこみ上げてきて動きそうになっちゃいました。
    でもどうにか動く寸前で撮影が終わり。 ← 危ない、危ない(^_^;)

    撮影が終わって着替えていると外から男性らしき声で「すみませ~ん」
    と言っている声がする。
    でもこの時間帯は女性だけのはず、男性じゃないよねと思い黙っている。
    と、また「入っても良いですか~」とやはり男性の声。
    「ちょっとお待ち下さい!」と叫んで慌てて着替える。
    でも慌て者の私は慌てれば慌てるほどうまく着替えられない(>_<)
    かなりの時間をかけて着替え終わって「お待たせしました」と言いながら外へ
    
    次に聴力検査。これは無事終了(^。^)
    
    聴力検査の係の方が「次は心電図ですので車の前へどうぞ」と言うので
    車の前の”建物”へ。

    建物の中に入るとどこが心電図検査の場所か分からず係の女性に聞いてみると
    「あのバスの前側です」と言うじゃあありませんか。
    
    見てみると先程の聴力検査の係の方が外に顔を出してニコニコ(?)している。
    私が変な方に歩いて行ったので様子を伺っていたのでしょう(^_^;)
    
    その係の方のところをハハハ…と笑ってごまかしながら通りすぎ
    心電図検査をすべく”バスの前”へ
    
    どうにか心電図も笑わず終えて健診終了!

    でも、帰る途中で腕のところが変なことに気づく…
    と言うより、胸部X線検査を終えて着替えた後にはすでに気づいていたのですが
    キャミソールを着るとき、紐が片方に2本ついているキャミソールだったので
    慌てて着替えたため、紐と紐の間に腕を入れてしまっていたんです(>_<)
    自分の所属する建物のトイレへ即行き、すっきりと着替え直しお部屋へ戻る。
   
    お部屋に戻ってから健診での出来事を軽くうっちゃんに報告しました。
    
    まったく私って人は何をするにも普通にできない(^_^;)
    でも今は”オバチャン”になったから笑っていられるけれど
    若い頃だったらクヨクヨしたり、恥ずかしがったりしていただろうな~。
    ”オバチャン”になるのも悪くないかも(^○^)
   
    
[PR]
by warabi_1002 | 2006-09-23 12:32 | ドジ話